株式会社日吉のCALUX  Assay
   
 
     
 
  2006年7月5日
「ダイオキシン類簡易測定法評価検討会報告書:土壌及び底質」公表(2006年7月5日)
 
環境省の「ダイオキシン類簡易測定法評価検討会」により検討が進められてきた、土壌及び底質中のダイオキシン類測定における、簡易測定法の適用可能性についての検討結果が公表されました。

環境省では、ダイオキシン類を迅速かつ低廉に測定できる、いわゆる簡易測定法に係る技術的検討を行うため、平成17年1月から専門家からなる「ダイオキシン類簡易測定法評価検討会」(座長:森田昌敏独立行政法人国立環境研究所客員研究官)を開催し、技術開発状況を踏まえつつ、段階的に検討するとしていた測定分野のうち、土壌及び底質におけるダイオキシン類測定を検討対象として、簡易測定法の適用可能性について技術的検討を行ってきました。

検討の結果、生物検定法については、異性体組成に関する情報が得られない欠点があるものの、毒性等量値を求めることについて、迅速性が認められ、機器分析法の多くの技術については、異性体組成の情報が得られる長所が認められました。また、両者について、低廉性も認められ、いくつかのものは、今後、汚染地の対策範囲を推定するためのスクリーニング法等としての適用可能性が認められました。
環境省報道発表資料
URL :http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7279
 
 
         
 

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ