株式会社日吉のCALUX  Assay
   
 
     
 
  2009年7月7日
平成21年3月20日にアリル炭化水素受容体結合レポーター遺伝子アッセイ通則(JIS K463:2009)が交付されました。
 
この規格は、工業用水、工業敷地、産業活動によって生じる排ガス、ばいじん、燃え殻、工業排水、汚染土壌及び汚染底質中のダイオキシン類及びその類縁化合物を哺乳類由来の組換え培養細胞を用いたアリル炭化水素受容体結合レポーター遺伝子アッセイによって定量分析する場合の通則について規定したものです。

JIS閲覧検索が可能です。
「JIS規格番号からJISを検索」にて、「K463」を入力して検索します。
JIS閲覧検索アドレス
URL :http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
 
 
         
 

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ