株式会社日吉のCALUX  Assay
   
 
     
 
  2007年8月22日
CALUXがアメリカEPAにおいて公定法になりました。
 
ダイオキシン簡易測定法ケイラックス(CALUX)が、2007年5月にアメリカの公定法として認められました。

アメリカEPAは、CALUXにMethod4435としてTest Methods for Evaluating Solid Waste, Physical/Chemical Methods(固形廃棄物の物理化学分析方法:SW-846)に加えることを承認しました。

SW-846とは、EPAのResource Conservation and Recovery Act(通称RCRA、資源保全回収法、有害廃棄物の規制に関する法律)のもとで定められた、固形廃棄物評価法一覧です。ケイラックスは今回、その中に Method4435として追加されました。これによりケイラックスは、アメリカでの廃棄物に関する分析において公定法として利用できることになりました。
Research Brief 150
URL :http://tools.niehs.nih.gov/sbrp/researchbriefs/view.cfm?Brief_ID=150
Research Brief 150(和訳)
URL :http://www.hiyoshi-es.co.jp/admin/img_news/104/EPA%20method4435.pdf
 
 
         
 

概要 | 方法 | 特徴 | ご利用提案 | 分析費用等 | その他のCALUX(内分泌撹乱物質)評価法 | 会社案内 | お問合せ

株式会社日吉提供:CALUX HPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます 。ご意見・お問い合わせはこちらまでどうぞ